In 国分寺ブックタウン
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

まどそら堂・小林です。

今回は、国分寺南口、殿ヶ谷戸庭園の正面にある国分寺マンション地下・アンティークアベニューにある”洋菓子舗 茂右衛門”さんのご紹介。

洋菓子ともなれば、カタカナの店名がほとんどなのに、こちらの茂右衛門(もえもん)さんは、思いっきり「和」ティスト。けれども、超おいしい(わたしの偽らざる感想)フランスのお菓子・ケーキたちが並んでいます。

店内も、ケーキが並ぶ冷蔵ケース以外は「和」ティストで、落ち着いています。そんなお店の窓側に、ちょこっとばかりディスプレイされた本がありました。

古い「みずゑ」など、こだわりのある数冊の本。本は他には無いの?と聞いてみると、おお、出てくる、出てくる(笑)。

洋菓子屋さんだけあって、フランスで修行していた時の思い出のレシピ集からお菓子の古いレシピ本まで、いろいろ見せていただきました。

お店に本棚が無くとも、本の数が少しであっても、そのお店のこだわり本がちゃんと存在して、それがすっと出てくるあたりが素敵です。

思うに、そういった本に対する思いを抱えていらっしゃるお店が、ブックタウンのベースになっていくのだと。

ちなみにキャヌレがお気に入り。本よりまず食い気でしょうかね・・・

ec0ad9c30b48a1922c51

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
Recent Posts
お問合せ

お問合せはこちらからどうぞ。ご記入いただいたメールアドレスにご返信いたします。

Not readable? Change text. captcha txt