In 国分寺ブックタウン
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

東京経済大学葵祭。桜井哲夫先生の「戦後漫画の原像・廃墟の残響」きいてきました。戦後漫画に、第二次世界大戦の体験が色濃く残る。それは、いまの福島原発事故に至るまで変わらないのでは?という漫画史と戦後史を重ねあわせる講演。いやあ、興味深く楽しかった。

会場の東経大図書館、居心地よいです。講演に登場した白戸三平『忍者武芸帳』そろってました。あすまで見学できます。この機会にぜひ。

df84722d4c8ef8756251

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
Recent Posts
お問合せ

お問合せはこちらからどうぞ。ご記入いただいたメールアドレスにご返信いたします。

Not readable? Change text. captcha txt