In 国分寺ブックタウン
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

国分寺の本の地図をつくりはじめます。
ブックフェスでたくさん教えてもらいました。

寄せられたのは場所やエピソード含めて58件。

◯公共図書館 5件
◯学校図書館 8件
◯本屋(新刊・古本)10件
 まどそら堂・雲波・らぶかにすと・オリオン書房・隆文堂など
◯本にふれる店など 13件
 クルミドコーヒー・キィニョン・医院や郵便局も。
◯家 4件
 西国図書室・タービンローゼンハイム・家庭文庫も。

ほかにもここには劇画アパートがあったとか、国分寺の本にまつわる歴史が寄せられました。ほかにも、ここで本を拾った(もう拾えないでしょ!は言わないで)とか。

学校図書館で本と出会う機会を得るのだなあ、と集めてみて考えさせられました。そういえば、学級文庫、ってのもありましたね。

地図のカタチにまとめるので、場所を指し示すものではあるのだけれど、「本とどう出会うのか」を表したい。きっと、そこには本だけにとどまらない出来事が込められているはず。

本のある場所はもちろん、本の地図にのせたらいいなあをブックタウンフェスティバル当日にいらっしゃれなかったみなさまもぜひお寄せ下さいませ。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
Recent Posts
お問合せ

お問合せはこちらからどうぞ。ご記入いただいたメールアドレスにご返信いたします。

Not readable? Change text. captcha txt