In コトナハウス
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

【「まち食」やってみます】

うちにかえってきたら、ごはんの香りがするって幸せですよね。
ひとり暮らしのとき、帰宅時間にあわせて、炊飯器のタイマーをセットしていたことありました。

シェアハウスでうれしいことのひとつに、ごはんのおすそ分けがたまにあることがあります。

「ちょっと余ったから、食べる??」
「じゃあ、こっちも食べてみる??」

そんなシェアハウスの暮らしの一コマを、ちょっとだけまちにも広げてみようとコトナハウスでは、考えています。

まずはできることから。

まちのひとがごはんをつくって、一緒に食べる。
住んでいる人も、遅く帰ってきても、どこか食卓のかおりが残っていて、とりおきのご飯をたべる。

みんなでつくろーというほどでもないけれど、できることをできる範囲で。
写真は、ダイヤ街商店街の魚善で買った生昆布で、クーブイリチーをつくってみた図。きっとコトナハウスでもつくっているはず。

炊飯器と会話もそれなりにたのしかったけど、返事かえってきませんもんね。

560cb2fbe402ec0cf15d

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
Recent Posts
お問合せ

お問合せはこちらからどうぞ。ご記入いただいたメールアドレスにご返信いたします。

Not readable? Change text. captcha txt