In まち食はじめました
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

【毎日新聞/2015.12.7朝刊】

まち食は、2035年の食卓かもしれない。

毎日新聞の戦後70年シリーズ。連載は16回、延べ約80人の記者さんが参加したそうです。その最終回のテーマは、

”20年後の「家族」どんな姿だろう”。

その真ん中に、まち食を取り上げていただきました。

2035年の家族は「かたち」ではなく「姿」になるんですね。「かたち」がどうとかこうとか考えている間に、リアリティという「姿」はもっと先に行く。だから今ある家族のかたちを寄せ集めても、未来の暮らしにはならないのかも。

リアリティはとっても混沌として、案外もやもやするけど、強くて優しくもある。危なっかしいけど面白い。フラットに、正直に、誠実にって思うけど、いつもそうとは限らないから、人間って滑稽だね!って笑っちゃう。きっと「まち食のある暮らし」って、そういう暮らしだ。

家族がさまざまであるように、まち食の姿もさまざま。
ほしい食卓は自分たちでつくっちゃえばいいよ!

d5e4c1181ed601b33429

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
Recent Posts
お問合せ

お問合せはこちらからどうぞ。ご記入いただいたメールアドレスにご返信いたします。

Not readable? Change text. captcha txt