Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
11823156_680895752040758_9011641345604277259_o-2
bfbb66d4622dd9c189e9
i8a1456
i8a1505
fb

About Project

このプロジェクトの始まりは、室町時代からつづく、ある名主(なぬし)さんからのご相談でした。

舞台は、茨城県つくば市。つくば駅から車で10分。科学技術の粋をあつめる「つくば」中心部から、わずかな距離のところにある「大村(おおむら)」。伝統的な日本家屋の母屋、蔵や長屋門、畑も庭も広々。しかし、東日本震災を経て母屋の補修も顕在化し、これから家を維持していくのはとても大変。

これからも、つくばらしい暮らしを続けていくには?
引き継いできた家を維持していくには?
農地って残していけるのかな?

現実はいろいろ厳しいけれど、これから続く新たな暮らしのモデルをつくりたい・・・想いは広がる。でも、悩みは深い。
母屋をパブリックコモンにすることができるかもしれないし、二拠点居住のハブになるかもしれない、将来は新たな住民がここに暮らすことになるかもしれない、・・可能性は思い浮かぶけど、すぐにコレ!って解決できる妙案はありません。

でも、いまここに暮らしている人たちだけでは、
解決できないことだけは明らかでした。

 


 

伝統的な主屋や大きな長屋門や蔵などを今後少しずつ改修しながら維持し、家を外に開きながらの暮らしを作っていきたいと考えています。
同時に、新しい住み手を迎え入れて豊かな暮らしを送ってほしいと願いました。
しかし集落は農耕地や水田も多く、住宅供給はほとんどありません。
また、既存の住宅は、現代の家族構成やライフスタイルには規模が過大です。
そこで、周辺にお持ちの土地を住宅として分譲することとしました。

オーナーさんが、
昔ながらのご自宅を改修しながら、家を開き、
新しい住人が、
集落の良さを取り入れながら、暮らしていく。

大地区における、新しい関係性が、これから育まれることを願っています。

 

主屋、蔵、長屋門などを”外に開く”ことは、必ずしも商業店舗にすることではなく、集落での日常の暮らしに近い「食べること」「はたらくこと」「学ぶこと」などの場として利用することを検討しています。

また、周辺の農地についても、住まい手の皆さんを中心に多くの方が、農のある暮らしを送れるような仕組みづくりを考えています。

住宅の住まい手の皆さんにも、ご興味があれば参画いただければと考えています。

 

まち暮らし不動産は、つくば市内で活動する「NPO法人つくば建築研究会」の皆さんが行った家屋や敷地の調査結果を踏まえ、プロジェクトを進めてきました。2016年には、同NPOの開催するシンポジウムにも参加。多くの方にご興味いただきました。

2017年は、いよいよ住宅分譲プロジェクトのスタート。
”庭コーポラ”という新しい考え方で、家づくりをお手伝いしていきます。

 

2015年~ 基本企画
2016年  つくば建築研究会のシンポジウムに参加
2017年~ 住宅分譲プロジェクト開始

Client:
個人

Task:
プロジェクトマネジメント
コンセプト設定
事業収支検証
設計コーディネート

分譲開発企画
 

TEAM:

齊藤 志野歩(N9.5)
篠原 靖弘(N9.5)
金谷 聡史(カナデラボ)
木名瀬 佳代(木名瀬佳代建築研究室)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
お問合せ

お問合せはこちらからどうぞ。ご記入いただいたメールアドレスにご返信いたします。

Not readable? Change text. captcha txt