In 国分寺ブックタウン
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

【碧野圭さん『書店ガール6』にブックタウンフェスティバルが登場!してます。】

昨年のブックタウンフェスティバルで行なったPOP大賞受賞書の賞品は「書店ガール6」に自分の名前が登場する権でした。当初、大賞受賞者限定で・・と予定していたのですが、碧野圭さんのご好意で多数の参加者が登場しています。

受賞者のお名前は

・郁歩(いくほ)さん
・姫野紡さん(お友達の佐倉飛鳥さん・ずんださん)
・小泉謙介さん
・あべかのんさん
・伊東はるのさん
・名取李夏さん
・瀧春香さん
・安部真理恵さん

どこに登場するのか、探しながら読むのも一興です。

さらに、、、手前味噌で恐縮ですが、ブックタウンプロジェクトのメンバー(の名前)もちょっと登場しています。

名前の登場も嬉しいのですが、今回の物語のひとつの鍵となる場面にブックタウンフェスティバルの実際の場面とそこで行われた高橋香織さん企画の「ビブリオマンシー」が取り上げられています。内容は読んでのお楽しみ。

さらに、取手の駅ナカ書店が閉店する!?が物語の一つの柱。書店ガール5を読んだ方はご存知の通り、どこか西国分寺のオリオン書房を想像される書店でしたので、閉店するに至るくだりは、本のなかの話とはとても思えない、登場人物が高野店長と重なってしまって、ぐっときてしまうことしばし。。。

シリーズ第6作なので、1〜5を読まないとわからないということもありません。6から読んでも大丈夫。(5は読んでるとよりぐっとくるかも・・・ですが)

もうひとつ、、解説を岡崎武志さんが書かれていまして、ブックタウンフェスティバル、まどそら堂、西国図書室に触れてくださっています。感謝!

ぜひぜひ手にとってほしい一冊です。ご購入はぜひ書店で!

最後に、碧野さん、いろいろ一冊に込めてくださり、ありがとうございます!!!

https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-76735-2

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
Recent Posts
お問合せ

お問合せはこちらからどうぞ。ご記入いただいたメールアドレスにご返信いたします。

Not readable? Change text. captcha txt