In 西国図書室
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

国立本店で開催された余白書店の出張イベントに参加しました。

「本の余白に残される、書き込み、シミ、落丁、におい等の「手垢」を本の個性・性格と考えプラスポイントとして評価」する余白書店さん(http://yohaku-shoten.tumblr.com)。

西国図書室にある本は、まさに「手垢」だらけ!(念のため。「書き込み」や「線引き」をやってもいいかどうかは、本の持ち主によります)
誠に勝手ながら、手垢の多そうな2冊(「独立国家の作り方」、「抱くことば」)を持っていって査定してもらいました。

「本の折り目の角度が違う」「一度、折り目を作って元に戻してあるのは何なんだ?」「本と対話するように付箋にコメントが書いてあるのは、まるで本の持ち主と交換日記のよう」など、本の内容は全く関係なしに、「手垢」をたよりに、本の持ち主の性質、これまでどんな人が本を手に取ったを探っていくのは、読書とは違った本の楽しさがあります。

西国図書室に来た際には、そんな本の楽しみ方もぜひ味わってみて下さい。

ed64e03bd69c6ab282f1

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
Recent Posts
お問合せ

お問合せはこちらからどうぞ。ご記入いただいたメールアドレスにご返信いたします。

Not readable? Change text. captcha txt